都心VS郊外!注文住宅はどっちがおすすめ?

立地条件から考える注文住宅の土地選び

注文住宅をどこに建てよう

都心での注文住宅建築のメリットは何でしょうか? 基本的に利便性という点が大きくクローズアップされると思います。 あらゆる施設に近く交通もよく、バリアフリーにも特化している。 この点だけを聞けば言うことはありませんが、当然ながらデメリットも存在します。 もっと読む

都心の注文住宅のメリットとデメリット

近年、家を建てるということ自体が少なくなってきていると思います。

一言不景気と言ってしまえばそこまでですが、他にも理由があります。
都心における人口の飽和によってそもそも建てる土地確保が厳しいということもあります。
郊外や地方においては逆で、人口の減少により家が余っている場所もあります。

それに加え、近年大流行のリフォーム、リノベーション技術の発達によって、中古の物件を生まれ変わらせる人も急増しています。
リノベーションとは、建築当初の状態に修繕するリフォームをさらに進化させた考え方で、建築当初よりも良い家に改良するというものです。
それにより「安価で、かつ新築じゃなくても新築同然のクオリティを得られる」ようになったわけです。
今では新築というのは恵まれた贅沢とも言えるかもしれません。

しかし新築には新築の良さがあります。
いくらリノベーション技術が進歩しても、ベースとなる住宅は既存の中古住宅になります。
自由な設計、間取りを実現するには新築の注文住宅がよいでしょう。
また、リノベーションやリフォームでも、水回りを綺麗にしようとすればかなりの金がかかるという特徴があります。

どうです?
新築の注文住宅も悪くないと思いませんか?

しかし、ここでふと疑問が浮かびます。
「我が家の注文住宅、どこに建てよう?」
どうせなら交通で便利な都心がいいという人もいますし、安く上がる郊外の方がいいという人もいます。

ここでは都心と郊外での注文住宅のメリット、デメリットをまとめてみましょう。

おすすめリンク

郊外の注文住宅のメリットとデメリット

郊外での注文住宅建築のメリットは何でしょうか? 郊外は土地の安さがあり、広い土地を簡単に確保することができます。 大家族の場合は広い家は圧倒的なメリットです。 近年では郊外でもネット環境が普及していますし、場所を選べば都心まで手軽に行ける交通手段があります。 しかしデメリットもあります。 もっと読む

最終的な決め手

都心にも郊外にも立地条件的にメリットデメリットは存在しています。 では、実際の決め手は何になるのでしょうか? 基本的な考え方は「建ててよかった」と思える立地条件です。 ここでは、メリットを生かし、デメリットを改善していくことで土地を絞り込んでいきましょう。 もっと読む